【やることに全力投球!】やらないことリストの作成

【やることに全力投球!】やらないことリストの作成 時間術

限られた時間で何かをするなら、やらないことを決めることが必要です。

なぜ、やらないことを決めるのか

何かをするには、当たり前ですが、自分が生きている間にしかできません。

時間は限られています。

やることに時間を費やすには、やらないことを可能な限り減らすことが必要になってきます。

情報があふれている世の中で、全ての情報を鵜呑みにするのではなく、真に必要な情報のみを入手するというのも、その一つではないでしょうか。

やらないことリスト

TODOリストを作ってる人は多いですが、やらないこと(を意識する)リストを作ってる人は少ないのではないでしょうか。

やらないことリストを作ることによって、生産性や時間が生まれ、やることに時間を費やすことができます。

私のやらないことリストを挙げます(一部)。

仕事

  • 昼以降、考える仕事はしない。
  • 無駄な残業はしない。
  • 長時間同じ仕事はしない。時間を区切る。
  • 生産性のない飲み会の誘いは断る。
  • 可能な限り、得意でない仕事はしない。誰かに任す。
  • 他人からの仕事の依頼は、自分以外の人が得意なら、受けない。
  • 同じ作業は繰り返さない。
  • 全ての情報を考慮しない。

プライベート

  • 迷ったら、買わない。
  • 休みの日は、仕事のことを考えない。
  • 新聞、ビジネス本は、全てを読まない。必要な箇所だけ。
  • 一年間着ていない服は、とっておかない。
  • 休日も夜遅くまで起きてない。朝遅くまで寝てない。
  • 二日酔いになるくらい、飲まない。
  • 睡眠不足にならない。7時間以上寝る。
  • 運動不足にならない。

全般

  • 後悔しない。
  • 手段を目的にしない。
  • 完璧を求めない。
  • 考え過ぎない。
  • 先送りしない。
  • 優柔不断にならない。
  • 自分が嫌なことを他人にしない。
  • 言い訳しない。

やらないことリストの意識化

私はやらないリストをワードで作成・更新し、スマホでも見れるようにしています。

やらないことを常に意識するようにしています。

iPhoneでは「Apple Books」アプリによりPDFファイルを保管し、閲覧することができます。

事前に、パソコンにアクロバットリーダーをインストールし、ワードで作成したやらないことリストをPDFファイルに変換しておきます。

iTunesを起動させ、iPhoneをパソコンにつなげた上で、デバイスのブックを開きます。

ブックにPDFファイルをドラック・アンド・ドロップします。

PDFファイルがiPhoneのブックに反映され、やらないことリストがアップされます。

タイトルとURLをコピーしました