本当によく使うショートカットキー5選

本当によく使うショートカットキー5選 IT

仕事柄、データの集計を行う際に、エクセルを使う機会が多かったりします。

以前は、恥ずかしながら、マウスを使えば何とかなると思っていました。

ショートカットキーを使うようになり、業務が効率的になっていることを実感しました。

可能な限りショートカットキーで時間の短縮を図っています。

ショートカットキーの必要性

なぜ、ショートカットキーを使って、作業しなければならないのでしょうか。

マウスでクリックするのと、ショートカットキーでそんなに時間は変わらないのではと思われるかもしれません。

一回の時間は、大したことありません。

しかし、作業が積み重なると膨大な時間になります。

例えば、ショートカットキーで5秒短縮できる作業を1日12回やっているとします。1日1分で月にすると30分の時間が生まれることになります。

ショートカットキーはいくつもあるため、更に時間が短縮できます。

ショートカットキーの全てを覚える必要はありません。

自分が現在実際に行っている作業で使えるショートカットキーから実践すればよいのです。

ショートカットキー5つ厳選

とりあえず覚えるべきショートカットキーは何ですか。

私が回答するならこの5つです。

ctrl+s

上書き保存です。

保存できてないことにより、復元する時間を省くメリットもあります。

保存されておらず、”はっ”と思ったことがある人は多いはずです。復元させ、繰り返す作業ほど無駄はありません。

こまめにctrl+sを押しましょう。

癖を付けると、作業の合間に自然とこのショートカットキーに指がいってたりします。

ctrl+z

「元に戻す」です。

上書保存同様に、使う頻度が高いショートカットキーになります。

元に戻すボタンをクイックアクセスツールバーに表示させ、マウスでクリックしている人も多いのではないでしょうか。

マウスに手を持っていき、マウスをリボンまで移動させる行為が一回であれば、大したことはありませんが、積み重なると膨大な時間になります。

ctrl+cかctrl+x→ctrl+v

コピー貼り付け、切取貼り付けです。

ショートカットキー2つにより、一連の作業が行えます。

ctrl+a

稼働セルを全選択するときに使えるショートカットキーです。

行又は列が多い時に瞬時に範囲を選択することができます。

ctrl+矢印

稼働域内で、移動することができるショートカットキーです。

マウスのホイールをスクロールさせて、行を移動させていませんか。スクロールバーを使ってませんか。

行又は列が多い時に瞬時に移動することができます。

タイトルとURLをコピーしました