後悔しない人生を送るためにする4つのこと

後悔しない人生を送るためにする4つのこと 時間術

寒くなり、街中や住宅のクリスマスの飾りを観ると、一年の終わりを感じ始めます。

10代は時間のことが気になりませんでした。

歳をとるに連れて、一年が過ぎるのを早く感じます。

時間は全ての人に平等に与えられています。

一生という限られた時間を後悔せず、過ごすにはどうしたらいいでしょうか。

気にならない人は、限られた時間を受け入れることができず、人生の最期に遅かったと後悔するかもしれません。

今の仕事が本当にやりたい仕事か?

定年まで今の仕事を続けるか、今一度考えることも必要です。

今の仕事が安定していて、家族を養うために、今の仕事を続けるしかないと考える人がいるかもしれません。

でも、あなたにとって、人生は一度きりです。

やりたい仕事がないのであれば、10代、20代のやりたかったことを想像してもいいでしょう。

もちろん、今からプロ野球選手になるなどは年齢的に難しいですが、挑戦できることも多くあるのはずです。

人生はやったことがないことをするから、楽しくなります。

時間の無駄使いがないか?やらないことを決める

得意なことであれば、人より努力せず、時間をかけることなく、成し遂げることができるでしょう。

得意なことに集中すべきです。

不得意なことは他人に任せてもいいでしょう。他人が得意だったりもします。

断る勇気も必要です。

例えば、生産性のない飲み会は断るようにしています。

生産性がないのでと断ると怒られます。諸事情の理由をつけて断りましょう。

日本人はなかなかノーと言えない性格ですが、自分の意見を持つことも必要です。

時間をお金で買うこともできます。

子供との時間を大切にする

子供がいるのであれば、小さい頃の子供との時間を大切にすべきです。

時間が過ぎるのも早いですが、子供の成長も早いものです。

子供が成長するに連れて子供との時間も減っていきます。

子供に何がやりたいか聞いてみてください。子供は注目して欲しいのです。公園に行きたいと言ったら一緒に行ってあげてください。

子供の小さい頃の記憶は大人になっても残るはずです。

私は父親とキャッチボールした記憶が今も残っています。

親孝行をする

親がまだ健在でしたら、感謝していることを伝えましょう。あと何年一緒にいる時間を生きられるかわかりません。

恥ずかしいのであれば、プレゼントから始めてもいいでしょう。

感謝の気持ちを伝えると、自分の心が安堵します。

タイトルとURLをコピーしました