年末年始に4つのことをすると、有意義な1年を迎えられる!

年末年始に4つのことをすると、有意義な1年を迎えられる! 時間術

資産運用をリバランスし、やらないことリストを更新するとともに、新たな目標を立てます。

資産運用のリバランス

まずは、資産運用方法の変更を反映させます。

例えば、NISAによる新たな資産の購入、iDeCoの対象資産を変えたりする、いわゆるスイッチングがそれにあたります。

更にリバランスを行います。

国内の株価が上昇し、国内株式の資産運用割合が増えた場合、他の資産を増加分相当を購入し、一定の割合に保ちます。

資産運用の資産クラスの配分割合は、国内株式25%、国内債券25%、海外株式25%、海外債券25%が基本です。

為替リスクは海外株式で、債券リスクは国内債券で補えるため、個人的には海外債券の資産クラスは不要と考えています。

年齢によっても、若ければリスクをとれるため、国内株式や海外株式の比率を高くしても良いでしょう。

また、ある程度の運用金額になると、不動産やオルタナティブ投資などを組み混んでも良いでしょう。

資産運用利益の要因の93.6%はアセット・アロケーション!
資産運用で大切なのは、いつどの銘柄を買うかではなく、どのように資産を配分するか、アセット・アロケーションです。アセット・アロケーションにより、いろいろな商品を保有し、リスクを分散させることができます。アセット・アロケーショ

やらないことリストの更新

やらないことを常に意識し、やらないことで生まれた時間をやることに費やします。

そのリストを更新します。

随時でも構いませんが、面倒な人は年末年始にまとめて更新しても良いでしょう。

やらないことリストの作成は、やることに全力投球するため!
限られた時間で何かをするなら、やらないことを決めることが必要です。なぜ、やらないことを決めるのか何かをするには、当たり前ですが、自分が生きている間にしかできません。時間は限られています。やることに時間を費や

新年の目標をたてる

カテゴリーごとに目標を立てます。例えば、以下のようなカテゴリーを設定します。

  • お金
  • 仕事
  • 勉強
  • プライベート
  • 健康

お金は資産運用、プライベートは趣味や家族に関することです。心は常に意識することを目標として立てます。

目標は実効性のあるものでなければなりません。

例えば、お金であれば、漠然と貯めるという目標ではなく、毎月給料から●円天引きし、証券口座に積み立てる等より具体性のある目標が望ましいです。

自動積立を設定すると手間がかかりません。楽天証券では、月5万円を限度として、クレジットカード決済により自動積立ができ、楽天ポイントが付与されます。

年末年始の予定を組む

年末年始の予定を組む理由としては、予定を組まないと、何もせずに年末年始が終わってしまう可能性があります。

31日に掃除をまとめてやり、終わらないことがないようにしないといけません。

基本的には家族や親族と団欒し、テレビを見たりしてゆっくり過ごすことになると思いますが、自分がやりたい事も予定として組み込むと良いでしょう。

先ほどの目標に早速取り掛かっても構いません。

今年もよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました