【実際に使ってみた!】アイブルエアビーダの効果

【実際に使ってみた!】アイブルエアビーダの効果 健康

知り合いからアイブルエアビーダ(L1)を紹介してもらい、購入しました。

実際に使ってみましたが、コロナウィルスの感染予防に効果があるかわかりません。

目に見えるものではないためです。

ただ、細菌の除去率が90%と聞くと、使わないより使った方がいいと思ってしまいます。

アイブルエアビーダとは

商品

アイブル社が作っているエアビーダ、一言でいうと、首にかけられる、持ち運び可能な空気清浄機です。

エアビーダには、L1、M1、C1の型があります。

L1は、肩からかけ、日常生活でも違和感なく使えます。

M1は、スポーツ選手がしている磁器ネックレスと同じようなかたちです。首の周りにチタンが使われており、遠赤外線を放射します。

C1は、子供用に作られており、わずか22グラムと軽量になっています。

M1はブラック、C1はイエローの1色ですが、L1は、ホワイト、ブラック、薄いピンクがあります。

いずれも販売価格は2万円ちょっとです。在庫が少なくなってきて、価格も上昇してきているみたいです。

仕組み

エアビーダの吹出口からマイナスイオンが発生します。

マイナスイオンが、空気中の有害な粒子(ほこり、花粉、PM2.5等) を捉え、粒子が重くなることによって、下に落ちます。

人の顔に有害な粒子をよせつけない仕組みです。

森の中の60~100倍以上のマイナスイオンが発生し、実際の実験により、細菌の約90~95%、PM2.5の99.9%を除去するそうです。

製造会社

ホームページや商品のパッケージをみると、アイブル社とはible Technology Inc.のことです。

ible Technology Inc.がどこの国の会社なのかは、ホームページやパッケージには直接表示されていません。

ホームページに「台湾とドイツの社内チームデザインで作られています。」という記載や、ホームページで引用している口コミにも台湾製と書かれていることから、台湾の会社が製造していると思われます。

ネット上では商品が日本製という表示もされていますが、日本には販売代理店や修理会社があるだけで、日本製ではないと思われます。

アイブルエアビーダ(L1)を実際に使ってみた感想と効果

音は静か

稼働しているのかわからないくらい静かです。

マイナスイオンの吹出口に指をあてると、わずかに風が出ているのを感じます。

軽い

70グラムと軽量で、肩がこる等といったことはありません。

ゴムシリコンが肌に触れますが、違和感はありません。

長時間稼働

約3時間の充電で、32時間稼働します。

手入れが簡単

マイナスイオンの吹出口を週一回、綿棒で掃除する程度で手間がかかりません。

おしゃれ

首からかけるタイプですので、スーツ姿のビジネスマンも使えます。ファッションの一部としておしゃれに映ります。

効果

実際に使ってみましたが、はっきりいって、その効果はわかりません。

アマゾンや楽天市場では、花粉症の症状がやわらいだという口コミがそれなりにあります。

花粉が飛散して終息した後に買ったので、その効果はわかりませんでした。

コロナウィルスの感染予防にも、目に見えるわけではないので、効果があるかわかりません。

ただ、使わないより使った方が少しでも効果があるのであれば、これからも使おうと思います。

タイトルとURLをコピーしました