【税務署に行かなくてもできる!】インターネット(e-Tax)で納税証明書を請求する方法

【税務署に行かなくてもできる!】インターネット(e-Tax)で納税証明書を請求する方法 e-Tax

e-Taxにより電子署名して請求すると、郵送で取得することができます。

税務署の窓口で納税証明書を請求すると待たされるかもしれません。

税務署に取りに行く必要もありません。

納税証明書の種類

「その1」から「その4」まであるので、必要な納税証明書を事前に提出先に確認しておきましょう。

「その1」の税額と「その2」の所得金額の証明書を使うことが多いです。

納税証明書の請求方法

1 窓口で請求して取得

2 e-Taxにより請求して、窓口で本人確認し取得

3 e-Taxにより電子署名して請求し、窓口や郵送で取得

4 e-Taxにより電子署名して請求し、メール(電子データ)で取得

e-Taxを利用されていない方、今日明日中に必要な方は、1の方法により取得します。

3や4の方法によれば、e-Taxにより請求して、郵送やメールで自宅にいながら取得することができるので、わざわざ税務署に行く必要はありません。

4の方法は注意が必要です。電子データでの納税証明書の提出が可能か、事前に提出先に確認しておきましょう。

また、e-Taxのホームページで電子データを納税証明データシートとして帳票出力できますが、納税証明データシートは納税証明書ではなく、電子データそのものが納税証明書ですので注意しましょう。

インターネット(e-Tax)で納税証明書を請求

①国税庁のe-Taxのホームページからログインします。

②メインメニュー画面に移るので、ログインを押します。

③マイナンバーカードをICカードリーダライタで読み取るか、利用者識別番号・暗唱番号を入力します。

ここでは、マイナンバーカードの読み取りを選びます。

④マイナンバーカードの読み取りボタンを押して、4桁の利用者証明用パスワードを入力し、再度、マイナンバーカードの読み取りボタンを押します。

⑤申告・納税・申請を選びます。

⑥新規作成で操作に進みます。

⑦納税証明書の交付請求の中から選びます。

  • 「署名省略分」は、e-Taxにより請求して、窓口で本人確認し取得(上記2の2の方法)
  • 「書面交付用」は、e-Taxにより電子署名して請求し、窓口や郵送で取得(上記2の3の方法)
  • 「電子交付用」は、e-Taxにより電子署名して請求し、メール(電子データ)で取得(上記2の4の方法)

ここでは、「書面交付用」を選択します。

⑧納税地の税務署になっているか、確認して次へ進みます。

⑨受取方法を選んで、次へ進みます。

⑩請求する証明書の作成ボタンを押します。

⑪税目、年度、枚数を入力し、決定します。

⑫使用目的を選んで、次へ進みます。

⑬入力内容を確認して、次へ進みます。

⑭「電子署名の付与」を押します。

⑮カードタイプを選んで、次へ進みます。

⑯マイナンバーカードを選んで、次へ進みます。

⑰署名済となるので、送信して終了です。

後日(2,3日後)、受信メールボックスに交付代金が請求されるので、インターネットバンク等で納付すると、交付手続に入ります。

タイトルとURLをコピーしました