【永遠の旅行者】移住したい国ランキングと長期滞在ビザ(リタイアメント・ビザ)

【永遠の旅行者】移住したい国ランキングと長期滞在ビザ(リタイアメント・ビザ) 海外移住

移住というと、永住をイメージされる方が多いのですが、完全に日本を離れるわけではありません。好きなときに、好きな国で過ごすのです。

日本のパスポートであれば、ビザがなくても、3か月程度滞在できる国が多いですが、長期滞在ビザ(リタイアメント・ビザ)をもっていれば、それ以上滞在することも可能です。

ある程度の預金等があればリタイアメント・ビザを取得できる国もあります。

日本以外の国にも第2の住居を持つことによって、快適なライフスタイルを構築することもできるはずです。

なぜ移住すべきなのか

春や秋は日本、夏はクアラルンプール、冬はハワイに滞在するといったプランがあります。

日本の春や秋は過ごしやすいですが、冬は寒く、夏は暑いです。

冬は温暖なハワイに滞在し、年末年始を迎えます。誰もが憧れるハワイです。

夏は日本よりも暑くないクアラルンプールに滞在します。クアラルンプールは日中の平均気温は30度ちょっとで、朝夕の平均気温は25度前後と、年間を通して過ごしやすいといえます。冬は物価が高いハワイで過ごしたので、夏は物価が安いクアラルンプールに滞在します。

MM2Hと呼ばれるビザを取得すると、クアラルンプールには10年間滞在することができます。

90日以内であれば、クアラルンプールやハワイにビザなしで、滞在することもできます。

滞在費用を考えると、コンドミニアムの購入等も考える必要があります。

私が考える理想の移住は、快適な季節により住む国を選んで滞在し、その国のおいしい物を食し、人生を満喫するというものです。

移住したい国ランキング

長期滞在(移住)したい国は、以下のとおりとなっています。

1 マレーシア

2 タイ

3 ハワイ

4 フィリピン

5 オーストラリア

6 台湾

7 カナダ

8 インドネシア

9 シンガポール

10 アメリカ本土

ロングステイ財団調べ『ロングステイ希望国・地域2018』

上位の国は、長期滞在できるビザ(リタイアメント・ビザ)を発行していて、日本から比較的距離が近い国になっています。

クアラルンプールがあるマレーシアは、13年連続1位となっています。MM2Hビザを取得し、10年間滞在できることや、気候が温暖で、物価が安く、治安も比較的よいことが人気の要因として挙げられます。

長期滞在ビザ(リタイアメント・ビザ)の要件

先ほどの移住したい国ランキングに入っている国を中心に、長期滞在できるビザ(リタイアメント・ビザ)の要件等をまとめてみました。

フィリピンは500万円の預金があれば、永住できてしまいます。

  フィリピン タイ タイ マレーシア
ビザ名 特別居住退職者ビザ (SRRV、PRA) ノンイミグラントO-A ノンイミグラントO-X MM2H
滞在期間 永住 1年 5年
(5年延長可)
10年
年齢 35歳以上 50歳以上 50歳以上 なし
資産・収入条件 ・35~49歳は5万米ドル(約500万円)の預金
・50歳以上は2万米ドル(約200万円)の預金。年金収入月800米ドル、夫婦合算月1,000米ドルあれば1万米ドルの預金。
・年会費360米ドル必要
いずれか
①80万バーツ(約240万円)の預金
②月6.5万バーツ(約19.5万円)の年金収入
③預金と年金年収を合わせて80万バーツ
いずれか
①300万バーツ(約900万円)のタイの銀行預金
②180万 バーツ(約540万円)のタイの銀行預金と年120万バーツ(360万円)の収入
・50歳未満は、50万リンギット(約1,300万円)の預金、有価証券等及び月1万リンギット(約26万円)の収入(仮承認後、30万リンギットをマレーシアの銀行預金)
・50歳以上は、35万リンギット(約910万円)の預金、有価証券等及び月1万リンギット(約26万円)の収入(仮承認後、15万リンギットをマレーシアの銀行預金)
できること 預金を住宅取得投資に転換可
投資額5万米ドル(約500万円)相当
  ①については1年後、②については300万バーツ預け入れた上で1年後に、コンドミニアム取得や子供の学費支払い等可
ただし、150万バーツの預金残高が必要
・2年目以降、家の購入、子供の教育費等のために、50歳未満は15万リンギット、50歳以上は5万リンギットを引き出し可
・会社を設立し、非常勤役員として報酬、株主として配当を受け取ることが可能
就労 × × 50歳以上は週20時間
家族 配偶者、21歳未満の未婚の子供、併せて2人まで
3人目から1人につき1.5万米ドルの追加預金、年100米ドルの追加会費が必要
× 配偶者、20歳未満の子供 配偶者、21歳未満の未婚の子供、60歳以上の両親
  アメリカ
(ハワイ)
オーストラリア ニュージーランド ニュージーランド
ビザ名 EB-5 投資家退職者ビザ(405) 一時退職者ビザ 投資家ビザ
滞在期間 永住 4年 2年 永住
年齢 なし 55歳以上 66歳以上 65歳以下
資産・収入条件 90万米ドル(約9,000万円)の投資 75万豪ドル(約5,250万円)の資産を州債に投資、夫婦合算年収6.5万豪ドル(約455万円) 75万NZドル(約4,875万円)の投資、年収6万NZドル(約390万円)、年間生活費50万NZドル(約3,250万円) 300万NZドル(約1.95億円)を4年間投資(事業年数3年、年30%滞在、簡単な英語力)
できること        
就労   2週間40時間    
家族 配偶者、21歳未満の子供 配偶者    
タイトルとURLをコピーしました