ブログとFacebookを使い分ける方法

ブログとFacebookを使い分ける方法 ブログ

ブログの記事を自らシェアするにはどうしたらいいでしょうか。

Facebookのプライベートページでシェアしても、専門的な内容になるような情報を友達は必要としてないことが多いです。
専門的な情報を必要としている人のところに届かせることが大切です。

プライベートページとは別に、Facebookページを作成し、シェアするのがいいです。

ブログの記事には検索内容の答えが必要であり、専門性が求められる

わからないことがあると、知りたいと思って、Googleで検索します。
Googleで検索する人は、積極的に情報を得たいと考えています。

Googleではキーワードを入力して検索します。
例えば、ブログ、Facebookというキーワードを入力する人がいるとします。
その人は、ブログとFacebookを使い分ける方法を知りたいから、検索している可能性があります。

ブログは検索されるキーワードを意識して、記事を作成する必要があります。
タイトルにキーワードを織り込まないと検索もされません。

検索される記事の要因にはこのようなものがあります。

検索内容に対して答えを提供する必要もあります。

そのためには、記事の内容もやや専門的になりがちです。
Googleは記事の内容に専門性、権威性、信頼性を重視すると言っています。
わかりやくすく説明することはもちろんですが、記事の内容はある程度専門的にしないといけないのです。

Facebookはソーシャルメディアで、共感しあえることが大切

投稿は友達のタイムラインに表示され、閲覧されます。
投稿が閲覧されるのは一瞬で、タイムラインの下の方に押し下げられていきます。ブログは記事にもよりますが、いったん作成すると今後も検索して閲覧してくれます。

タイムラインに表示される投稿は、数ある投稿のうちの1つでしかありません。
友達が多ければ、閲覧されないかもしれません。

投稿にいいね!をしたり、コメントしたりします。Facebookはソーシャルメディアに過ぎません

たまに長文の投稿を見かけますが、読みたい気になるでしょうか。
ブログの記事になるような専門的な内容の投稿も同様です。
「ブログとFacebookを使い分ける」というこの記事を、ブログをもってないFacebookの友人が読みたいと思わないはずです。

プライバシーの観点から、Facebookは友達限定で投稿する人が多いため、第三者は閲覧できません。

Facebookでは日常的な出来事を投稿したり、読んだりしたりして、友達と共感しあえることが大切です。
例えば、美味しそうなレストランの料理であれば食べてみたいと思うだろうし、旅行先の景色であれば行ってみたいと思うだろうし、おもしろい投稿はこちらまで楽しませてくれます。

Facebookページでブログの記事をシェアするのがおすすめ

ブログの記事をFacebookでシェアすることもできますが、さきほどのとおり、記事の内容は専門的になります。
Facebookの友達がその記事を読みたいと思うかを考える必要があります。

プライベートページとは別に、Facebookページと呼ばれるホームページみたいなものを作成し、ブログの記事をシェアしていくことをおすすめします。

専門的なテーマを掲げる必要がありますが、誰でも作成することができます。
そのテーマの内容を知りたい人、知ればその人にとって有益なると思う人をいいね!(プライベートページの友達に相当するもの)をリクエストします。

第三者も閲覧することができるため、いいね!をしてくれた人に、そのような情報を知って欲しい第三者にシェアをお願いすれば、拡散し、呼び込むことができます。

いいね!の数はなかなか増えませんが、真に必要な人に、必要な情報を届けることができるのです。

タイトルとURLをコピーしました