【体験談】不動産投資のマンション管理組合総会は出席しなくてもよい

【体験談】不動産投資のマンション管理組合総会は出席しなくてもよい 不動産管理

日本橋に所有しているワンルーム物件の管理組合の総会に出席してみました。

一度は経験のために出席した方がいいと思いますが、マンション管理会社がしっかりしていれば、今後は出席しなくてもいいと感じました。

マンション管理会社は、ワンルーム物件を購入する際に選ぶ要素の大切な一つです。

マンション管理組合の総会とは

総会は、管理規約に基づき、毎年一回、新会計年度が始まってから2か月、3か月以内に開催されます。
今回出席した総会は3か月以内に開催されました。
3か月の方が時間があるため、議案、収支予算案、事業計画案を精査することができるかもしれません。

標準管理規約では、開催の2週間前までに、総会の日時、場所、目的を組合員に通知することになっています。

議案の内容が記載された「招集のお知らせ」と出欠票が送付されてきました。
出欠票には以下のことが記載されており、送り返すかたちになっていました。

  1. 出席(ただし、当日出席できなかったら、理事長に一任したものとする。)
  2. 欠席(●●号室●● ●●に一任する。記載がなければ、理事長に一任したものとする。)
  3. 議案ごとに賛成、反対を選ぶ。

マンション管理組合の総会に出席してみて思ったこと

総会の参加メンバー

当日、マンション管理組合の総会には、役員4人、私を含めた3人の組合員、マンション管理会社の担当者1人の計8人が参加しました。

役員は、理事長、副理事長、会計担当理事、監事です。
年配の人が多く、副理事長は実際に住んでいます。

組合員は、私ともう1人が初めて参加していました。

マンション管理会社は日本ハウズイングです。
上場しており、独立系の不動産管理会社としては最大手です。
私が日本橋のワンルーム物件を購入した理由の一つが、日本ハウズイングがマンション管理会社であったことです。

当日の様子

当日は理事長が議長となり、司会を進行します。
日本ハウズイングの担当者が、議案の内容が記載された「招集のお知らせ」を使って、議案ごとに説明し、理事長が承認をとるといった感じです。

途中、理事長が私ともう1人の初めて参加した組合員に意見を直接聞いてくれる場面もあり、配慮のいく感じを受けました。
しっかりしているという印象をもちました。

副理事長が実際に住んでいるので、有意義な話も聞けました。

議案に来期の事業計画案の承認があり、その中に、エレベーター修繕工事費の予算額100万円ちょっとのものがありました。
監事が、経験談からエレベーター修繕工事費には、ここまで費用がかからないと食い下がる場面もありました。
もの言う株主みたいでした。

最終的に議案の全てが承認され、時間は1時間半超え、予定時間をオーバーしてました。

不動産投資をしているマンション管理組合の総会には出席しなくてもよい理由

私は、マンション管理組合の総会には今後は出席しなくてもよいと思いました。

マンション管理会社がしっかりしているという前提です。
マンション管理会社の担当者が、議案の内容を詳細に把握しており、収支予算案、事業計画案も精査していると感じました。

日本橋のワンルーム物件を売っていただいた会社であり、引き続き不動産管理をお願いしている会社の社長からのアドバイスもあり、事前にマンション管理会社の担当者に電話でわからないことをいろいろ聞きました。

一度は出席した方がいいと思いますが、わからないことがあればマンション管理会社の担当者に積極的に聞いてみてください。

役員をするのが嫌なので、当日選ばれないかと聞くと、基本的には、現時点の役員が辞めない限りはないと言っていました。
しかし、当日の総会では、ある役員が別の管理組合の役員になったので辞めることになり、私が役員にどうかという話になりました。

通常、理事会はほとんどないのですが、近く大規模修繕を予定しており、今期は3回程度、理事会が行われます。
平日仕事後に出席するのが大変ですので、仕事の都合で出られないと理由をつけて断りました。
後日、マンション管理会社の担当者から、近い所有者から輪番制で電話で聞くみたいです。

所有者に不動産オーナーの人が多いと、議長に一任するケースが多いそうです。
総会ではある議案に反対している人が1人いましたが、全ての議案は承認されています。
「招集のお知らせ」に議案の内容が詳細に記載されていたため、それをみながら議案ごとに賛成、反対を選ぶこともできます。

タイトルとURLをコピーしました